スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根本について学ぶための本 

中島義道『哲学の教科書』(講談社学術文庫)
プラトン『ソクラテスの弁明』
デカルトなら『方法序説』『精神指導の規則』
ソフィーの世界
バートランド・ラッセル「西洋哲学史」

孔子、老子、仏陀
プラトン、ソクラテス、アリストテレス
エピクテトス
デカルト
ニーチェ、ハイデガー
ラッセル

ソクラテスよ哲学は悪妻に訊け
大森荘蔵『流れとよどみ』(産業図書)、永井均『<子ども>のための哲学』(講談社現代新書)、野矢茂樹『哲学の謎』(講談社現代新書)、『はじめて考えるときのように』(PHPエディターズ・グループ
自分を知るための哲学入門 (ちくま学芸文庫)
「哲学のモノサシ」西研著 川村易絵

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jugglinggo.blog96.fc2.com/tb.php/316-5ec05220

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。